ユーザー車検の予約を行う

  あなたがお住まいの地域を管轄する陸運局(軽自動車の場合は軽自動車検査協会)を調べ、ユーザー車検の予約の電話をしてください。各地域の陸運局と軽自動車検査協会の所在地と連絡先は当サイトの左サイドバー最下部を参考にしてください。

 また、たまに所在地やシステムの変更等で電話番号が変わる場合がありますので、もしつながらない場合は、インターネットの検索エンジンで「陸運局」を入力すれば、いくつか役立つ情報を得られます。地域のタウンページでも確認できます。

 1.検査の予約日を決めてください。土曜・日曜・祝日は行っていません。また、時間帯も決められていて午前・午後共に間に休憩時間もあるので、無理な予定をたてないようにしましょう。

  予約専用電話の場合、24時間自動アンサーで受け付けている所もあります。 また検査の予約は10日先まで予約できますので、早めに予約を入れましょう。

 2.予約が出来たら、必ず受付番号をメモして、ユーザー車検当日持参してください。

<参考>

 ユーザー車検の予約の日までにきれいに洗車しておくこともお薦めします。普段なかなか車の下やタイヤの裏、エンジンルームなどを洗うことはないかもしれませんが、意外に汚れているものです。

  洗車場で手動のジェット機がある場合は、それで下から水を掛けたり、タイヤの裏側を意識して水圧で泥を洗い流してください。この時に、マフラーの中に水が入らないように気をつけてください。

  エンジンルームは、必ずエンジンを切り、固く絞った雑巾で一つづつきれいに拭きあげてください。エンジンルームの奥にある車台番号のラベルは検査官が直接車検証と見合わせて確認します。きれいにしておきましょう。


スポンサードリンク