ユーザー車検当日の確認事項

 ユーザー車検の予約が午前の場合は9:00〜です。また、午後の場合は13:00〜です。十分に前もって到着し、検査を受けられるようにしましょう。午前・午後共に20分間の休憩があります。その時間帯にさしかかると、検査が受けられませんので注意してください。

ステッカーを剥がしておきましょう

 新しいステッカーをもらったらすぐに取り付けられるように、古いステッカーは剥がしておきましょう。しっかりと糊で貼られていますから、ステッカー剥がしなどを使って剥がし、濡れた雑巾で拭いた後、さらに乾いた雑巾で拭くときれいになります。ついでにフロントガラス全体も拭けば一石二鳥ですね。

ホイールキャップを外しましょう

 陸運局等に到着してからでも構わないのですが、長い間外していない場合は、なかなか外れないことがあります。それで、家を出る前にホイールキャップをマイナスドライバーなどを使って外しておくと良いでしょう。

 アルミホイールなどをはいている場合、ナットが見えている場合は、外す必要はありません。また、ナット部分だけを覆う小さなキャップがついている場合は、それを外しておいてください。

発炎筒はきちんと入っていますか

手元に出しておき、助手席などに置いて用意しておきましょう。

持ち物チェックをしましょう

□車検証
□自賠責保険証明書(現行)
□自賠責保険証明書(新しいもの)
□納税証明書
□自動車検査票
□検査申請書(OCRシート)
□重量税納付書
□定期点検記録簿
□重量税・印紙代などの必要経費+α
□印鑑
□筆記用具(ボールペン・鉛筆・消しゴム)
□予約番号を控えた紙


スポンサードリンク