Gタイヤの点検 Hクラクションの点検

Gタイヤの点検

 タイヤは前後4本とも溝があるでしょうか。

 溝の厚さが薄くなっていて、さらにつるつるのタイヤになっている場合、車検はとおりません。しっかりと確認しておきましょう。外側だけでなく、内側も工夫して見ておいたり、ガソリンスタンドで点検してもらったりできます。

<参考>

 前輪駆動車(軽自動車や普通乗用車の小型車)の場合は、前輪の磨耗が早いので、新しいタイヤを2本を購入し、前輪に取り付けます。

 前輪についていたタイヤは左右対称に交差させて後輪に取り付け、このようにローテーションさせていくと長持ちします。

 逆に後輪駆動車の場合は、後輪の磨耗が早いので新しいタイヤを後輪に付け、後輪についていたタイヤをやはり左右対称に交差させて前輪にもっていくと効率的です。

Hクラクションの点検

 クラクションを鳴らし、音が正常になるかどうかを確認してください。
 改造している場合、車検に受からない種類のものもありますので、改造を依頼したお店か、購入元に確認してください。

年式が古い、または事故車の場合はこちら >>


スポンサードリンク