ユーザー車検の必要書類その2

 当ページでは、ユーザー車検に必要な書類のD〜Hを掲載しています。

 @〜Cを確認したい方は必要書類その1のページをご確認下さい。

D自賠責保険証明書の新しいもの−2年後の車検満了日に有効なもの

 個人的に火災保険を扱う保険会社や農協などで事前に作成してもらうことができますし、陸運局でも作成を依頼することができます。

 任意保険を加入している保険会社等に依頼をするなら、万が一の事故の際、同時に手続きしてもうことができるので処理がスムーズです。

  この保険は別名、強制保険と言われ、ユーザーが必ず加入しなければならない保険です。小さな事故の場合は、任意保険を使わずにこの強制保険のみで処理できる場合があります。

E継続検査申請書

 陸運局で用紙を購入します。OCRマークシートになっています。
 必ず鉛筆で記入してください。

・「有効期間」欄は、2年検査車を選択
・太枠内を車検証で確認しながら記入してください。

F自動車検査票

 陸運局で用紙を購入します。検査でコースに入る際使用します。

・「登録番号又は車輌番号」欄には、ナンバープレートの番号を記入する。
・「車台番号」欄は、車検証を見て記入する。
・「走行距離計表示値」は車検受験日の走行距離を記入してください。
・「使用者の氏名」・「電話番号」を記入する。

 ボールペンで記入してください。

G自動車重量税納付書(検査自動車用)

 用紙は陸運局でBEFと合わせて購入した際に一緒に受け取ることができます。
用紙に必要事項をボールペンで記入しておいてください。

 車検当日、重量税を陸運局(軽自動車は軽自動車検査協会)の重量税支払い窓口で払い、その用紙に印紙を貼ってもらいます。

  車両重量(車両総重量ではない)を正しく確認し、下記の表を参考に金額を記入してください。

Hその他必要なもの

・必要経費以外に幾らか余分に費用を持参してください。
・認印
・必要経費(重量税・自賠責保険料・検査手数料の印紙代など*)
*費用については費用についてのページをご覧下さい
・鉛筆
・ボールペン
・予約番号を控えた紙
・リサイクル券
リサイクル料をまだ支払っていない車はそのリサイクル料の費用も必要です。


スポンサードリンク