ユーザー車検の必要書類その1

ユーザー車検を受けるために必要な書類を2ページにわたって紹介します。当ページは1ページ目です。

@自動車検査証(車検証)

 通常は、各車のダッシュボードなどにファイルやビニールケースに入って保管されています。

A自動車税納税証明書(検査を受ける年度に有効なもの)

 毎年5月頃に車検証の使用者住所に納付書が届き支払っておられるはずです。車検を受ける年度(2年に一度)に有効な証明書(押印がされているもの)は必ず保管してください。

  どうしても、納税証明書が見当たらない場合は、軽自動車は市役所納税課で、また普通自動車は総合庁舎の税務課に行ってナンバープレートと所有者の氏名を記入すれば発行してもらうことが出来ます。

 但し、まだ納付していなかった場合は、その時に滞納金も含め全額支払う必要があります。また、車検証が以前の住所になっている場合(例えば、現在は大阪に住んでいるのに車は以前の川崎ナンバーのままにしているなどの場合)納付書が新住所に送られてこなかったりする場合があります。

 この場合は、現在お住まいの地域を管轄する市役所や総合庁舎に行っても発行されませんので、注意してください。以前の住所の管轄地域から送ってもらう必要があります。

 この自動車納税証明書がなければ絶対に車検を受験できませんので、忘れないようにしましょう。

B定期点検整備記録簿

 陸運局で用紙を購入します。事前に修理工やディーラーで点検してもらい、その点検表を参考に記入すると簡単です。少しでも、車について知識がある方は自分でチェックすることもできるでしょう。「分からないから適当に!」は駄目です。

  • オートマチック車の場合は、この記録簿のクラッチ・ペダル欄の□枠には、斜め斜線を入れ余白に「A/T」と記入するとこができます。
  • 「点検又は整備を実施した者の氏名又は名称及び住所」欄は「使用者」の車検証に記載されている住所・氏名を記入し、押印してください。
  • 「点検時の走行距離」欄は、点検を実施した日か車検を受けに行く時の走行距離を必ず記入してください。
  • 「CO、HC濃度」「タイヤ溝の深さ」「ブレーキ・パッド、ライニングの厚さ」欄は空白でも構いません。

記入する際は、必ずボールペンで書いてください。

C自賠責保険証明書 − 検査日の日に期限が切れていないもの

 前回の車検の際に作成したもので、車検証と一緒に通常は保管されています。 証明書と記載されている用紙が必要です。領収書は不可。

必要書類その2はこちら >>


スポンサードリンク