リサイクル法について

 2005年1月1日にリサイクル法が始まりました。この法律は、各車に対して、廃車時に発生するリサイクルのための費用を事前に支払うものです。

リサイクル法の背景

 廃車時に車一台の約80%はリサイクル利用され残りの部分は埋め立て処理されています。

 しかし、最近では埋め立てるためのスペースが減り不法投棄なども多く見られるようになりました。それに加え、環境問題が問われる昨今、エアコンのガスやエアーバッグの処理もきちんとした方法での処理が必須となっています。

 そうした問題を少しでも解決するために、このリサイクル法が制定されました。確かに、また費用が取られるのか・・・と感じますが、これらの問題は年月が進むほど私たちの吸う空気や生活に直接関係してくるものです。今から少しづつでも改善されれば、私たちの暮らす環境にメリットとなるわけですね。

発令以降に新車を買われた方は

  リサイクル法が発令された以降に新車を買われた方は、すでにリサイクル料金を支払っておられるはずです。リサイクル料を支払った車に対しては、リサイクル券や領収書が与えられます。この書類は廃車される時まで重要な書類ですので必ず保管してください。

  車検の際にこのリサイクル料がまだ支払われていない車に対しては、車検を受ける前に陸運局に設置されている機械で登録し、納付書とリサイクル券を受け取り、料金を支払うことが義務付けられていますので注意してください。

リサイクル料は?

 自分の車にいくらリサイクル料がかかるのかは以下のサイトで確認することができます。試してみてください。

自動車リサイクルシステム

 車検証を手元におきながら、車両ナンバーなど必要事項を入力すればあなたの車のリサイクル料を確認することができます。


スポンサードリンク