このサイト(ユーザー車検マニュアル)のまとめ

 いかがだったでしょうか。これらがユーザー車検の仕組みと方法です。

  是非、自分で挑戦してみようと思われたでしょうか。その方はトライしてみてください。一度経験すれば、これからは車検の時期が近づいても自信を持って検査を受けることができます。書店でも、ユーザー車検を受ける方法などの本が売られています。いろんな情報を手に入れて是非挑戦してみてください。

  あるいは、少し自信がないから自分で挑戦せず車検を依頼してやってもらおうと思われたでしょうか。

  それでも、あなたはすでに幾つかの知識を身に着けることができました。もし、あなたが後者の方でも、これらの知識を踏まえていくつかの車検を扱う店舗(もちろんあなたの車のディーラーでも)で車検見積もりを出してもらうといいでしょう。

 そうすれば、不必要な修理をする必要もなくなりますし、一番信頼できる所に依頼して、安い値段で車検を受けることができるでしょう。

 このように見ていくと分かるように、車検に関係する検査は私たちの車の各部分のほんの一部です。

 例えば、 走行距離に応じて、ラジエター液(クーラント)、バッテリー、ベルト関係(クーラーベルト・ファンベルト・パワーステアリングベルト・タイミングベルト*)、ブレーキパッドなど磨耗していくものがあります。なかなか素人では見分けが付きにくいものです。

 またタイヤもかなりの磨耗なら車検は通らないし見分けがつきますが、車検に合格した後も、走行すれば磨耗していくので都度、自分で溝の減り具合を確認する必要がありま。

  • *[車種によっては、磨耗品ではなくチェーンベルトのため、10万km以上走っても交換の必要がないものもあります。]

 これらは実際には長距離走行や高速道路を走った場合に、快適かつ安全に走行するためには重要な部分です。思わぬ時に“JAFを呼ばなければならない”、という状況を最低限にするためにも、ある程度の知識を持ち、長距離旅行や高速道路を走る前の事前点検をしていれば、かなり防ぐことができます。

 常に自分の車は使用者自身が一番良く知って、運転操作をしたいものです。自分の車を知れば知るほど、愛着も湧いてきますし、長所・短所まで分かってきます。

 アメリカなど海外の殆どの国は、車検制度がないためにガムテープを貼った車や、ガラスがひび割れている車などもたくさん走っています。そんな道路景観からしたら、日本はなんときれいな車が走っているのでしょう。

 でも、車検制度があることでどこか安心し、ドライバー自身が車のメンテナンスの知識を全く持っていないという人も大勢います。車検制度のない国では、自分で中古の部品を購入したり譲ってもらったりして修理し、大事に長く車を乗っています。

 日本人もドライバー自身がライセンスにふさわしい知識を備え持ち、常に安全にドライブを楽しみたいものです。車検制度はその点で、定期的に自分の車がどんな状態なのかを確認する上でも役立ちます。

 環境をよくするために排出ガス規制などがしかれ、ディーゼル車など車検に受からなければ車そのものを乗り換えざるを得ない方もおられたことと思います。それでも長い目で考えるならば、私たちの地球をきれいに、環境を良くすることにつながります。

 ちまたでもエコドライブが薦められていますが、そのように毎日のドライブを楽しめるならば、ドライバーライセンスを持っているひとりひとりがプライドを持って暮らすことができるのではないでしょうか。

 これからは、私たちひとりひとりが知識を増し加えることによって、安全で快適なドライブ生活を送れるように努力したいものですね。

  何よりも、毎日交通法規を守り、ゆとりをもった運転を心がけましょう。眠気を感じた時などは、無理をして危険な運転をするよりも、ちょっと車を止めて仮眠したり、リフレッシュするだけでも随分違います。

  車が必需品となっている私たちひとりひとりが、マナーの良い運転を心がけるならば、交通法規だらけという事態も避けられるはずです。Comfortable & Safety Drive を目指しましょう。