ライトテスト、下回り及び振動検査 、最終検査

Dライトテスト

 点検をした時を思い出して、次の順番でスムーズに操作するようにしましょう。

1.前照灯(ヘッド・ライト)を点灯し、ハイビーム(上向き)にします。テスターが自動で動いて検査が始まります。

2.その間に、以下の操作をします。

  • 方向指示器を右・左順番に点灯させます。
  • ワイパーを動かします。(左右に一度動いたら戻してください)
  • クラクションを一度“プッ”と鳴らします。
  • ハザードを2〜3回点灯させます。
  • フォグランプがついている車はフォグランプを点灯させます。
  • ブレーキを踏んで、シフトレバーを“B(バック)”に入れ、バックライトを点灯させます。

  すべて正常であれば、電光表示板に“○”が着きます。 自動車検査票をチェックレコーダーに差込み、印字を受けてください。

E下回り及び振動検査

 ゆっくり前進し停止ランプがついたら止まってエンジンを切り、検査官からの指示に従ってください。

  「ハンドルを左右に動かして」と言われたら、左右に数回動かしてください。
 「ブレーキを踏んで」と言われたら、ギュッと強く踏んでください。車が左右に振動します。
 「前に進んで」と言われたら、エンジンをかけゆっくり前進してください。

 もし、「下に降りてきて」と言われたら、車から降り、横の階段から下に降りてください。

  マフラーや振動検査の際に問題があった場合に、このように修理の必要な箇所を確認する必要があります。

F最終検査

 検査官に書類を手渡し、排気ガスのテストバーを持ってマフラーに突っ込んで数値を測ってください。

  数値が合格したら○が出るので、自動車検査票をチェックレコーダーに差込み印字を受けます。 (コースによってはこの排気ガスのテスターは手前にある場合もあります。)

  この時に、検査官がタイヤやその他の部分の点検をし、車台番号を確認して最終合格印を押します。


スポンサードリンク