検査コース入場〜サイドスリップ検査

 まずコースに並ぶ前に、ボンネットを開けるためのレバーを引き、ボンネットは浮かせた状態にしておきます。発炎筒はフロントガラスの前に置いて、検査官から見やすい位置に置いてください。

  • 書類は、運転席前に置いておき、自動車検査票は都度、合格・不合格の印字を打つために使用しますので、取り出しやすくしておきましょう。 運転席の右サイドのウィンドーは、最終検査が終わるまで全開にしておきます。

  いよいよ検査コースに入場です。

@検査コースに入場する信号の手前、数メートル前に直線が引かれています。この線上を走るようにゆっくり車を動かし、右の前輪・後輪をまっすぐに線に乗せ、車をコースにまっすぐに向けます。(最初のサイドスリップ検査を受けるための線ですから、線上にしっかりと車を乗せましょう。)信号が青になるまで待機します。

A軽自動車のコースは全て前輪駆動用に設置していますが、陸運局のコースは後輪駆動用に設置しています。検査コースの信号の下辺りに、いくつかのボタンがついた機械が立っていると思います。

 そこで、前輪駆動の場合は、入場信号が青になってから前輪用のボタンを押してください。後輪駆動車は当然、そのまま入場して構いません。四輪駆動車の場合は、そのボタンがついた機械にインターホーンがついているので、入場信号が青になったらそれを押して「四輪駆動です」と検査官に伝えてください。

Bサイドスリップ検査
ハンドルをしっかりと持ち、@で合わせた線上をゆっくり進みます。左右に揺れる板の上に来た頃、合格かどうかのサインがでます。ここで、OKが出れば、サイドスリップ検査は合格ということになります。

  もし不合格がでたら、テスト場で調整してもらえます。また「緊張して手が震えてしまったから駄目だったのかも」と思った方は、検査コースを一度すべて終了したすぐ後に、再度検査を受けてみてください。

  この再検査の詳細方法は、不合格だった場合の欄を確認してください。

Cブレーキテスト、スピードテストはこちら >>


スポンサードリンク